おすすめの観光情報!詳しくはコチラ→CLICK!

富士急ハイランドのフリーパスとは?値段や割引対象など

目次

山梨県の遊園地「富士急ハイランド」のフリーパスの評判

今回は「富士急ハイランドのフリーパスとは??」という内容で、お話を進めていきます!
(※2021年10月時点での情報です※)

富士急ハイランドは、山梨県富士吉田市で運営されているテーマパークです。

特に絶叫系が人気で、1年を通して観光客で賑わっています!

その富士急ハイランドのフリーパスの特徴や評判をまとめると、下記のようになります!

  • フリーパスはオンラインで購入可能
  • 前売券の方が価格を抑えて購入できる
  • オンライン顔登録フリーパスがオススメ
  • 一部アトラクションはフリーパスの使用NG
  • 午後だけならアフタヌーンパスがオススメ

富士急ハイランドのフリーパスを購入するなら、事前に前売券を購入しましょう!

お得な価格で、チケットを手に入れることができます!!

山梨県富士吉田市にある富士急ハイランドの公式サイトのスクリーンショット
山梨県で人気のテーマパーク「富士急ハイランド」
スポンサーリンク

クレジットカード・コンビニ支払い・PayPayが利用可能

オンラインでフリーパスを購入する際、支払い方法として下記が利用できます。

  • クレジットカード
  • コンビニ支払い
  • PayPay

スマホ決済アプリ「PayPay」が利用できる点は、ユーザーにとって嬉しいですね!

お好みの支払い方法で、フリーパスを購入しましょう!

オンライン顔登録フリーパスと発券機対応フリーパスの違い

富士急ハイランドのフリーパスは、下記の2種類に分けられます。

下記2種類とも、値段は一緒です!

オンライン顔登録フリーパス【おすすめ!】

オンライン顔登録フリーパスとは、富士急ハイランドの公式アプリ専用のフリーパスです。

利用には、富士急ハイランドのアプリをインストールする必要があります!

スマートフォンを見て女性が笑っている写真
便利でメリットの多い「オンライン顔登録フリーパス」

オンライン顔登録フリーパスの特徴は、下記になります。

  • 富士急ハイランドの公式アプリが必要!
  • 自分の顔をアプリに事前に登録しておく!
  • チケット発券をせずに入園できる!
  • 開園時間の15分前に優先入園ができる!

紙のチケットの発券が要らないので、便利に富士急ハイランドを楽しめます。

また、優先入園ができるのもオンライン顔登録フリーパスのメリットですね!

幼児(1歳以上の未就学児)を同伴する場合、お子さん分のフリーパスを別途発券機にて発券する必要があります!
幼児分のチケットを持参し、優先ゲートに向かうようにしてください。

とても便利なので、フリーパスを利用する際はオンライン顔登録フリーパスがオススメです!

発券機対応フリーパス

発券機対応フリーパスは、富士急ハイランドで発券が必要になるフリーパスです。

購入時に発行されるQRコードを持参して、入園ゲート付近の自動発券機で発券を行います。

混雑時は、フリーパスの発券自体に時間が掛かる点がデメリットです!
繁忙期だと、自動発券機にならんで発券することも珍しくありません。

オンライン顔登録フリーパスと比較すると、メリットが少なめです。

紙のチケットにこだわらないのであれば、オンライン顔登録フリーパスを推奨します!

遊園地にあるジェットコースターと観覧車の写真
おすすめは「オンライン顔登録フリーパス」
スポンサーリンク

フリーパスが使えないアトラクションがある点は要注意

富士急ハイランドのフリーパスは、すべてのアトラクションに使えるわけではありません!

一部アトラクションで使用ができない点は、要チェックです。

フリーパスが使えないアトラクションは、下記になります。

  • 絶凶・戦慄迷宮
  • クリアカヌー
  • ヒーローズプレイグラウンド
  • コインアトラクション
  • 特別イベント

上記以外のアトラクションでは、問題なくフリーパスが適用されます!

富士急ハイランド全体を遊び尽くすなら、やはりフリーパスはお得ですね!

午後限定のフリーパス「アフタヌーンパス」も要チェック

ちなみに富士急ハイランドでは、午後限定のフリーパスも用意されています。

このフリーパスは「アフタヌーンパス」と呼ばれています!

アフタヌーンパスは13時以降の利用に限られますが、お得な値段で購入することが可能です。

午後の半日だけ楽しむのであれば、アフタヌーンパスはとてもオススメです!

スポンサーリンク

フリーパス「富士急ハイランド」の値段・価格や対象など

ここでは、富士急ハイランドのフリーパスの値段・料金を紹介します!

フリーパスを購入する際、前売券で事前に購入しておくことがオススメです!

価格を抑えて、お得に手に入れることが可能です!

フリーパス(前売券)の値段や価格

フリーパス前売券を事前に購入する場合、値段は下記のようになります。

  • 大人(18歳以上):6,100円
  • 中学生・高校生:5,600円
  • 小学生:4,400円
  • 幼児(1歳以上):2,000円
  • シニア(65歳以上):2,000円

当日券と比較して、料金が割引されて価格設定されています!

フリーパス(当日券・現地購入)の値段や価格

フリーパスを富士急ハイランドの現地で購入する場合、価格は下記のようになります。

  • 大人(18歳以上):6,200円
  • 中学生・高校生:5,700円
  • 小学生:4,500円
  • 幼児(1歳以上):2,100円
  • シニア(65歳以上):2,100円

割高になることはもちろん、チケット購入のために並ばなければなりません。
来園が決まっているのであれば、事前にフリーパス前売券を購入するのがオススメですよ!

スポンサーリンク

アフタヌーンパスの価格や値段

午後限定のフリーパス「アフタヌーンパス」の値段は、下記のようになります。

  • 大人(18歳以上):4,300円
  • 中学生・高校生:4,000円
  • 小学生:3,600円
  • 幼児(1歳以上):1,700円
  • シニア(65歳以上):1,700円

13時以降の利用に限られますが、値段はとてもお得ですね!!

ひまわり畑で男女が立っている写真
いろんなチケットがあるので要チェック!

年間フリーパスの価格や値段

富士急ハイランドでは、年間パスも用意されています!
年間フリーパスの料金は、下記のとおりです。

  • 大人(18歳以上):18,600円
  • 中学生・高校生:17,100円
  • 小学生:13,500円
  • 幼児(1歳以上):7,500円
  • シニア(65歳以上):7,500円

1年間で4回以上、富士急ハイランドを訪問するならオススメですよ!

その他、キャンペーンチケットも要チェック

富士急ハイランドでは、他にも様々なキャンペーンチケットやフリーパスが準備されています。

時間に余裕があれば、ぜひチェックしてお得に訪問してみてくださいね!

男性と女性がパソコンを見て打ち合わせしている写真
富士急ハイランドのキャンペーンチケットも要チェック!
スポンサーリンク

まとめ「富士急ハイランドフリーパスの値段や特徴とは」

今回、富士急ハイランドのフリーパスの特徴を解説しました!

内容をまとめると、下記のとおりです。

  • フリーパスは事前購入が値段的にお得!
  • オンライン顔登録フリーパスがオススメ!
  • 13時以降限定のアフタヌーンパスも要チェック!
  • 年4回以上訪問するなら年間パスがお得!
  • 一部アトラクションはフリーパスの適用外!

フリーパスが使えないアトラクションはありますが、それでも十分にお得感があります!

これから富士急ハイランドを訪問されるのであれば、ぜひフリーパスをご用意くださいね!

山梨県「富士急ハイランド」の公式サイトはこちら

最後に、富士急ハイランドの公式サイトを紹介します。

富士急ハイランド公式サイトでは、開園時間や休園日などの情報を確認できます!
訪問前には必ずチェックして、有意義な時間を過ごせるようにしてくださいね!

スポンサーリンク

各都道府県の観光地・観光スポット一覧はこちら

本ブログではローカルな観光名所の評判や口コミを紹介していますので、ぜひ他の記事も閲覧いただければと思います。

各地の観光スポットの記事一覧は、下記リンクよりアクセスできます!

本ブログの観光名所の解説記事が、あなたの旅行のお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる