おすすめの観光情報!詳しくはコチラ→CLICK!

【北斎館】葛飾北斎の展示・お土産が評判!長野県小布施町の観光地

目次

北斎館:葛飾北斎の浮世絵や作品を展示する小布施町の美術館

今回のトラベラーズ・ライフでは、長野県上高井郡小布施町にある観光名所「北斎館」をピックアップしたいと思います!

北斎館では、江戸時代後期の浮世絵師「葛飾北斎」の作品や生い立ちを解説している美術館になります。

北斎館の外観写真
葛飾北斎の作品や生い立ちを解説する「北斎館」

葛飾北斎は富嶽三十六景や北斎漫画などの作品で有名ですが、その晩年を信州・小布施にて過ごしていました。

北斎館では葛飾北斎の作品展示を観覧しながら、北斎という人物について学ぶことができます!

  • 北斎館では葛飾北斎の作品展示あり
  • 葛飾北斎の生涯について学べる
  • 祭屋台の天井画が特にオススメ
  • ミュージアムショップでお土産購入が可能
  • 敷地内に有料の駐車場完備

葛飾北斎は、フィンセント・ファン・ゴッホ等の世界的に有名な画家に影響を与えたことでも有名です。

ぜひ信州小布施の北斎館を訪問して、葛飾北斎について理解を深めてみてくださいね!

北斎館の館内の写真
様々な展示を見ながら、視覚的に理解を深められます!

北斎館の入館料金はこちら

2021年3月時点で、北斎館の入館料は下記のようになっています!

大人数で訪問する場合は、団体割引も要チェックですね。

北斎館の入館料
  • 大人:1,000円
  • 高校生:500円
  • 小中学生:300円
北斎館の入館料金を示す看板の写真
北斎館の入館料には団体割引もあります!

北斎館の営業日・開館時間はこちら

2021年3月時点において、北斎館の開館時間は下記のようになっています。

下記はあくまで通常期の営業時間になり、時短営業を行っている場合は開館時間が短くなるので要注意です!

北斎館の開館時間・休館日
  • 開館時間:9時〜17時(入館は30分前まで)
  • 休館日:12月31日

なお入館料・開館時間には変更がある場合もあるので、気になる人は公式サイトでチェックすることを推奨します。

北斎館の公式サイトには、本ブログの下部からアクセスできるので参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

葛飾北斎が晩年を過ごした地「信州小布施」

葛飾北斎は現在の東京都墨田区に生誕し、江戸時代後期・化政文化を代表する浮世絵師として活躍していました。

生涯を通して富嶽三十六景・北斎漫画といった著名な作品を手掛けていましたが、その生涯の晩年は信州・小布施の地で過ごしていたそうです。

葛飾北斎の生い立ちを解説する展示パネル
葛飾北斎の生い立ちを学ぶことができます!

天保13年(1842年)、83歳となった葛飾北斎は初めて小布施を訪れました。

一説には、小布施の豪商「高井鴻山」に招かれて小布施を訪問したと考えられています。

高井鴻山が用意したアトリエ・碧漪軒に長期滞在し、祭屋台天井絵などの大作を手掛けたと伝えられています!

北斎ミュージアムにあるシアターの写真
映像を見ながら葛飾北斎について知ることができますよ!

葛飾北斎の肉筆画が常設展示で見られる

北斎館の常設展示では、葛飾北斎の肉筆画を見ることができます。

北斎館にある葛飾北斎の肉筆画の常設展示の写真
北斎館に設けられている肉筆画の常設展示

浮世絵で有名な葛飾北斎ですが、実は美人画・風景画・花鳥画などの様々な作品を描いています!

北斎館の常設展示では、葛飾北斎のいろんな肉筆画を楽しむことができます。

北斎館にある葛飾北斎が描いた美人画の写真
葛飾北斎が描いた美人画が展示されています!
北斎館に展示されている葛飾北斎の花鳥画の写真
目にする機会の少ない花鳥画も見どころです!

北斎館での観覧を通して、これまで知らなかった北斎の作品に出会えると思いますよ!

スポンサーリンク

上町祭屋台・東町祭屋台の天井画が見どころ

北斎館の見どころの1つが、常設作品として展示されている上町祭屋台・東町祭屋台の天井画になります!

櫓や山鉾に近い形をした祭屋台はとても大きく、実際に見てみるとその迫力に息を呑むと思います。

北斎館で見られる祭屋台の写真
北斎館の常設展示で見られる祭屋台の様子

上町祭屋台:男浪図と女浪図が描かれた祭屋台

高井鴻山が私財を投じて創られた祭屋台で、中国の物語「水滸伝」に関係した木彫りなどが設けられています。

この祭屋台の天井には葛飾北斎によって「男浪図・女浪図」が描かれていますが、躍動感ある波の様子は見る人の目を引きつけると思います。

北斎館にある上町祭屋台の写真
様々な装飾が施された上町祭屋台
北斎館にある男浪図と女浪図の展示写真
北斎が描いた男浪図・女浪図が見どころです!

男浪図・女浪図の周囲を彩る額絵の部分は、葛飾北斎の下絵に高井鴻山が彩色を施したものだそうです。

東町祭屋台:龍図と鳳凰図が描かれた祭屋台

小布施にある祭屋台のなかで、最も古い歴史を持っているのが東町祭屋台になります。

東町祭屋台の天井には、濃い赤色をバックにした龍図と、暗い藍色をバックにした鳳凰図が描かれています。

この対極とも言える色使いの龍図・鳳凰図は、中国の陰陽思想に由来した彩色になっていると考えられていています。

北斎館にある東町祭屋台の写真
北斎館で展示されている東町祭屋台
北斎館で見られる龍図と鳳凰図の展示写真
迫力ある龍図・鳳凰図が東町祭屋台の天井画です!

この天井画は、葛飾北斎が85歳となる天保15年(1844年)に描かれています。

企画展示「斬新!北斎Colors」もオススメ(2021年3月時点)

私が北斎館を訪問した際、企画展示として「斬新!北斎Colors」という展示を行っていました!

この企画展示では、淡白な墨を基調とした作品から彩色豊かな作品まで、葛飾北斎の様々な作品を展示しています。

北斎館で行われていた企画展示の写真
北斎館の企画展示「斬新!北斎Colors」

葛飾北斎といえば、青色を多用した富嶽三十六景などの作品を思い浮かべる人が多いと思います。

ですが実際には、モノクロのシンプルな墨絵から色鮮やかなカラーの作品まで、いろんな作品を世の中に送り出しているんですね!

北斎館で見られる墨絵の展示写真
葛飾北斎の作品「深雪の不二」
葛飾北斎が手掛けた作品の写真
葛飾北斎の作品「新板浮絵日本橋肴市繁昌之図」
北斎館にある富嶽三十六景の写真
葛飾北斎の作品「神奈川沖波裏」
葛飾北斎の凱風快晴の展示写真
葛飾北斎の作品「凱風快晴」

絵画の展示以外にも、江戸時代に使用されていた顔料に関する展示も見られました。

人物画から風景画まで色々な作品が展示されていて、とても楽しめる企画展示でした!

北斎館にある顔料の展示物の写真
江戸時代に使用された顔料の解説展示もあります!
北斎館で見られる特別展示の写真
葛飾北斎の様々な作品を目にすることができます!

館内ミュージアムショップでお土産購入が可能

北斎館の美術館内にはミュージアムショップが運営されています。

ミュージアムショップでは葛飾北斎が手掛けた作品の色紙や絵葉書、そしてTシャツや蒔絵まで、様々なお土産品を購入することができます!

北斎館にあるミュージアムショップの写真
北斎館で運営されているミュージアムショップ
北斎館で買えるお土産の写真
パスポートケースなどのお土産もありました!

自分の好きな作品に関係したグッズを買うのも良いですし、家族や知人のおみやげを探すのも楽しいと思います。

個人的には、スマートフォンやPCに貼れる蒔絵のお土産がオススメですよ!

北斎館ミュージアムショップで購入できるお土産の写真
葛飾北斎の作品にちなんだ蒔絵もオススメです!
スポンサーリンク

小布施町「北斎館」への交通手段やアクセス方法

ここでは、信州小布施にある北斎館へのアクセス手段や行き方を紹介したいと思います!

北斎館には、徒歩圏内に長野電鉄の駅があります。
敷地内には有料駐車場もあるので、自動車・電車のどちらでもアクセス可能な観光スポットになります。

下記に具体的なアクセス方法を載せておくので、ぜひ参考にしてくださいね!

長野電鉄長野線「小布施駅」から徒歩10分

北斎館の最寄り駅は、長野電鉄長野線「小布施駅」になります。

小布施駅から北斎館までの距離は約800m(徒歩10分程度)になるので、駅から歩いても十分にアクセスできる立地ですよ!

スポンサーリンク

小布施スマートICからの所要時間は約7分

長野県外や遠方から自動車で北斎館を訪問する場合、アクセスに便利なのは上信越自動車道「小布施スマートインターチェンジ」になります。

このインターチェンジを利用するにはETCカードが必要ですが、インターチェンジから北斎館までは約3km(車で7分程度)と近いため、とても利便性が高いと思います!

もしETC設備を利用できない場合は、上記インターチェンジ前後にある「須坂長野東インターチェンジ」もしくは「信州中野インターチェンジ」を利用すると便利ですよ!

北斎館には自動車用の有料駐車場が完備

北斎館の敷地内には、有料ですが駐車場が設けられています。

駐車料金は「普通車:400円 / 3時間」と比較的リーズナブルなので、利用しやすいと思います。

北斎館にある駐車場の写真
北斎館の隣に有料駐車場が設けられています!

他にも駐車場はありますが有料のケースが多いので、北斎館を訪問するのであれば併設の駐車場が近くて便利ですよ!

北斎館の地図・場所はこちらを参照

北斎館のグーグルマップを下記に載せておきます。

北斎館は長野県小布施町の市街地にあるので、立地自体は分かりやすいと思います。

ですが経路や道順が不安な場合は、グーグルマップやカーナビ等を利用して迷わず到着できるようにしてくださいね!

北斎館周辺の観光スポットも訪問推奨

ちなみに北斎館周辺には、他にもいろんな見どころや観光名所があります!

カフェレストランや飲食店のほか、美術館・博物館など色々あるので、北斎館を訪問する際はぜひリサーチしてみてください!

少しだけ、ピックアップして紹介したいと思います。

葛飾北斎と縁のある「高井鴻山記念館」

北斎館から歩いて2~3分の場所に、葛飾北斎と縁のある高井鴻山を紹介する記念館があります。

私自身は訪問していないのですが、もし時間があれば高井鴻山記念館にも足を運んでみるのがオススメですよ!

高井鴻山記念館の外観写真
北斎館のすぐ近くにある「高井鴻山記念館」

栗菓子で有名な「小布施堂」

北斎館の裏手に、栗を使ったお菓子・お土産で有名な「小布施堂」があります。

小布施堂では栗まんじゅうやモンブランなど、和菓子から洋菓子まで様々な種類の栗菓子を扱っています。

栗は小布施名物でもあるので、小布施観光の休憩を兼ねてぜひ小布施堂を訪問してみてくださいね!

長野県小布施町にある小布施堂の写真
栗のお菓子で有名なお店「小布施堂」
スポンサーリンク

北斎館:公式サイト・ホームページはこちら

北斎館の公式サイトは、下記リンクよりアクセス可能です。

北斎館の公式ホームページでは、北斎館の常設展示や企画展示についての情報を得られるのはもちろん、ミュージアムショップのオンラインショップも運営されています!

営業時間や休館日の最新情報を確認することもできるので、訪問前にチェックすることをオススメします。

信州小布施 北斎館 | 信州小布施 ...
信州小布施 北斎館|画狂人葛飾北斎の肉筆画美術館 信州小布施 北斎館では、肉筆画を中心に、版本や錦絵など、葛飾北斎の画業を広くご覧いただけます。北斎が80歳を超えた晩年に手がけた東町・上町の祭屋台天井絵「龍図」「...

ぜひ公式サイト・ホームページをチェックして、楽しい小布施旅行を計画してくださいね!

スポンサーリンク

各都道府県の観光地・観光スポット一覧はこちら

本ブログではローカルな観光名所の評判や口コミを紹介していますので、ぜひ他の記事も閲覧いただければと思います。

各地の観光スポットの記事一覧は、下記リンクよりアクセスできます!

トラベラーズライフ
観光スポット | トラベラーズライフ 日本各地の観光スポットやグルメ情報を解説!口コミで人気の観光名所はもちろん、ローカルなB級スポットの旅行情報の掲載あり!長野県・山梨県・静岡県を中心に、評判を集...

本ブログの観光名所の解説記事が、あなたの旅行のお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる