おすすめの観光情報!詳しくはコチラ→CLICK!

【洩矢神社】長野県岡谷市のミシャグジ信仰聖地と守矢早苗氏

目次

諏訪信仰・諏訪大社と関係の深い東方聖地「洩矢神社」

今回のトラベラーズ・ライフでは、長野県岡谷市にある「洩矢神社」について紹介します!

洩矢神社は、諏訪地域・岡谷市にひっそりと鎮座している地元の神社です。諏訪地域の神社と聞くと諏訪大社を思い浮かべる方が多いと思いますが、その諏訪信仰の中でも重要な立ち位置を占めるのが洩矢神社になります。

諏訪大社と比較すると規模は少し小さいですが、私自身はとても好きな神社で、これまで幾度も訪問しています!少しでも興味のある方は、ぜひ閲覧いただければと思います!

  • 諏訪信仰の聖地である信州の観光スポット
  • ミシャグジ信仰と密接な関係の神社
  • 日本神話の神様「建御名方神」と関連あり
  • 公共交通機関でアクセス可能
  • 神社の前に無料の駐車場あり
長野県岡谷市にある洩矢神社の境内写真
長野県岡谷市に鎮座する洩矢神社
洩矢神社の拝殿・本殿の写真
諏訪信仰の歴史に関わる神社です!
洩矢神社の御守・絵馬の販売場所の写真
神社境内でも御守・絵馬が提供されています!
スポンサーリンク

諏訪湖源流の天竜川にほど近い洩矢神社

洩矢神社は、諏訪湖を源流とする天竜川にほど近い神社です。洩矢神社の周辺には、縄文時代が起源と考えられている遺構がたくさん確認されています。

岡谷市にある縄文時代の遺跡のうち、代表的なのが梨久保遺跡になります。梨久保遺跡は黒曜石の原産地に近いため、縄文時代には重要な役割を担った地域と考えられています。

また、新潟県糸魚川市が産出地として有名な翡翠も梨久保遺跡周辺で見つかっているため、縄文時代に日本海エリアと交流があったことも示唆されています。

そのため、いわゆる古代信仰の代表例としても注目を集める神社ですよ!

洩矢神社の近くを流れる天竜川の写真
洩矢神社の近くを流れる天竜川

諏訪の土着信仰の聖地と言えるのが洩矢神社

諏訪湖を中心とした諏訪信仰では、諏訪大社や建御名方神(タケミナカタノカミ)がとても有名です。ですが実を言うと、諏訪地域の土着信仰の起源といえるのが洩矢神社です!

洩矢神社は、地元の住民から信仰を集めていた「洩矢神」が祀られている神社です。洩矢神は地域の氏神として信仰を集めていましたが、建御名方神が国を追われて信州・諏訪地域に進入した際に、戦の末に敗北を余儀なくされました。

その洩矢神と建御名方神が争った際、洩矢神が陣地を構えたのが洩矢神社と伝えられています。

スポンサーリンク

建御名方神と縁が深い藤島社

なお、建御名方神が諏訪入りした際に陣を構えたと伝えられるのが長野県岡谷市に鎮座する藤島社になります。

洩矢神社とは天竜川を挟んで向かい合った位置関係にあるところを見ると、洩矢神と建御名方神の歴史に思いを馳せることができます。

洩矢神社から藤島社までは徒歩10分程度なので、ぜひ一緒に訪問することをオススメします!

洩矢神社のすぐ近くにある藤島社の様子
洩矢神社のすぐ近くにある藤島社
スポンサーリンク

洩矢神とミシャグジ神および神長官「守矢氏」の関係

今でこそ「諏訪信仰=諏訪大社」ですが、実は諏訪信仰は縄文時代まで遡る土着信仰「ミシャグジ信仰」に端を発します。様々な説がありますが、ミシャグジ神とは縄文時代から存在している自然信仰の1種です。

ミシャグジ神は「石の神・木の神」などと呼ばれるように、自然に存在している物質に宿る神であったと考えられています。なお、ミシャグジ神には「赤口神・御左口神・御社宮司神・御社宮神」などの漢字が用いられることも多いです。

洩矢神はそのミシャグジ神自体と言われることもあれば、ミシャグジ神を束ねる首長と言われることもあります。諏訪地域でもともと信仰を集めていた神様が洩矢神であるので、その点を踏まえると、洩矢神は諏訪信仰の原点とも言えます!

諏訪信仰に外せないのが「ミシャグジ信仰」です。ミシャグジ神を祀る神社は、長野県内・諏訪エリアでは多数確認されています。

洩矢神は、そのミシャグジ信仰に密接に関わっている神様と考えられています。

茅野市の神長官守矢史料館にある御頭御社宮司総社の写真
茅野市・神長官守矢史料館にある御頭御社宮司総社

洩矢神の子孫が現人神である神長官「守矢氏」

その洩矢神の末裔と言われるのが、諏訪大社の神長官「守矢氏」になります。洩矢神が建御名方神に敗北した後、建御名方神に仕える形で諏訪大社の祭事等を司ってきたのが守矢氏です。

なお、長野県諏訪市・茅野市にある諏訪大社・上社の近くに「神長官守矢史料館」と呼ばれる博物館があります。

神長官守矢史料館は神長官・守矢家の敷地内に設けられた施設で、諏訪信仰に関係のある様々な展示物が展示されています。

神長官守矢史料館の展示物「サナギ鈴」の写真
神長官守矢史料館の展示物「サナギ鈴」

守矢氏は諏訪大社の歴史に欠かせない現人神

なお守矢氏は洩矢神の末裔であり、現人神として諏訪大社の祭事に関わっていました。

現在では神長官としての職務は失われていますが、それまでは「一子相伝の秘伝」が口頭のみで受け継がれており、諏訪大社・諏訪信仰には欠かせない立場として、人々の信仰を集めていました。

今日では、一子相伝の秘伝のほとんどが失われてしまっています。ですが神長官守矢史料館を訪問すると、諏訪信仰に関する様々な知見を得ることができます。

興味を持たれた方は、ぜひ訪問してみてください!

諏訪大社・神長官の第78代当主「守矢早苗氏」

一子相伝の秘伝は失われていますが、神長官の家系は保たれています。

2021年現在、神長官は守矢早苗氏という方になります。守矢早苗氏は地域の歴史・文化保全に努められており、神長官守矢史料館の建設にも関わられています。

なお神長官守矢史料館は、守矢早苗氏の知人である藤森照信氏によって建設されています。

藤森照信氏が設計した神長官守矢史料館の外観写真
藤森照信氏が設計した神長官守矢史料館
スポンサーリンク

長野県・洩矢神社が元ネタ!東方風神録「守矢神社」の聖地巡礼

洩矢神社は、東方Project「東方風神録」の「守矢神社」のモデルや聖地としても口コミで評判になっています。

東方風神録では、洩矢諏訪子・八坂神奈子・東風谷早苗といった洩矢神社や諏訪信仰に関係したキャラクターが登場します!

ゲーム元ネタの聖地巡礼にて長野県岡谷市の洩矢神社を訪問する東方ファンの人も、諏訪地域・洩矢神への信仰心を忘れず、落ち着いて訪問してみてくださいね!

洩矢神社境内にある絵馬の写真
岡谷市・洩矢神社境内にある絵馬
洩矢神社にある東方風神録に関係した絵馬の写真
東方ファンが描いた絵馬も飾られています!
スポンサーリンク

東方風神録:ZUN氏の公式サイトはこちら

東方Project・東方風神録の公式サイトは下記よりアクセス可能です。なお公式ホームページからは、ゲームの体験版がダウンロードできます!

弾幕を避けながらストーリーを進めるシューティングゲームなので、少しでも興味をお持ちの方はぜひプレイしてみてくださいね!

あわせて読みたい
スポンサーリンク

洩矢神社へのアクセス方法と無料駐車場

洩矢神社へのアクセスには、公共交通機関・自家用車のどちらでも問題ありません。

ですが、洩矢神社の駐車スペースは広くないため、可能であれば公共交通機関の利用を検討してみてください!

JR中央本線「岡谷駅」から徒歩15分

洩矢神社の最寄り駅は、JR中央本線の岡谷駅です。岡谷駅には特急列車も停車するので、利便性は高いと思います!

私自身も、岡谷駅から洩矢神社まで徒歩にて訪問したことがあります。その際、岡谷駅から洩矢神社までは徒歩15分くらいでした。ちょうど良いウォーキングコースといった感じです!

洩矢神社前に無料駐車場あり

洩矢神社には、自動車の駐車スペースも用意されています。駐車可能な自動車の台数は3台程度です。

それほど混雑する神社ではありませんが、満車の可能性もあるので、時間に余裕を持って訪問することをオススメします。

洩矢神社の社務所にある駐車場の写真
洩矢神社の社務所に併設された駐車場

洩矢神社の地図・グーグルマップはこちら

洩矢神社のグーグルマップはこちらになります。

長野県岡谷市の洩矢神社を訪問する際は、ぜひ下記マップを参考にしてみてください!

スポンサーリンク

洩矢神社:岡谷市橋原区の公式サイト・ホームページ

洩矢神社の公式サイト・ホームページへのリンクを紹介します!

下記サイトでは、洩矢神社の由来や起源に関する情報が得られることはもちろん、洩矢神社の年間行事や御朱印についての情報をリサーチすることができます。

洩矢神社への訪問・観光を考えている人は、ぜひ下記の岡谷市公式サイトも閲覧してみてくださいね!

洩矢神社公式HP
洩矢神社公式HP 洩矢神社 岡谷市川岸の橋原区にある神社で、例大祭や御柱祭もやっております。区外からも参拝客がこられる神社ですが、神社好き、ゲーム好き、歴史好き問わず参拝しに来て...
スポンサーリンク

各都道府県の観光地・観光スポット一覧はこちら

本ブログではローカルな観光名所の評判や口コミを紹介していますので、ぜひ他の記事も閲覧いただければと思います。

各地の観光スポットの記事一覧は、下記リンクよりアクセスできます!

トラベラーズライフ
観光スポット | トラベラーズライフ 日本各地の観光スポットやグルメ情報を解説!口コミで人気の観光名所はもちろん、ローカルなB級スポットの旅行情報の掲載あり!長野県・山梨県・静岡県を中心に、評判を集...

本ブログの観光名所の解説記事が、あなたの旅行のお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメント欄

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる