おすすめの観光情報!詳しくはコチラ→CLICK!

長野県の御柱祭の起源や由来とは?魅力・見どころや特徴を解説

目次

長野県の諏訪大社の御柱祭とは?起源や由来・目的を解説

長野県の諏訪地域にある諏訪大社は、天下の奇祭として有名な「御柱祭」が開催されることで有名です!

計16本の樅(もみ)の巨木を切り出し、諏訪大社上社(前宮・本宮)と下社(春宮・秋宮)の各宮に4本ずつ、人力で運んでいきます。

7年に一度だけ開催される御柱祭は、地元民にとっては欠かせない行事となっています。

そんな御柱祭についてまとめると、下記のとおりです!

  • 平安時代以前が起源の「御柱祭」
  • 諏訪大社の式年造営のお祭り!
  • 寅年と申年のタイミングで開催!
  • 諏訪大社の上社と下社で違いあり!
  • 山出しや木落しなどの見どころあり!

日本を代表するお祭りの1つが「御柱祭」で、観光客の口コミや評判を集めています。

それでは、御柱祭の起源や由来・目的などを解説していきます!

スポンサーリンク

御柱祭は何のために開催?諏訪大社の御柱祭の目的とは

諏訪大社の御柱祭の正式名称は「式年造営御柱大祭」です!

式年とは「ある決まったタイミング」を指していて、諏訪大社では7年目ごとを式年に設定しています。

過去には、式年祭のタイミングで諏訪大社のすべての建物を新築していました。

長野県下諏訪町にある諏訪大社下社秋宮の拝殿の写真
諏訪大社の式年祭が「御柱祭」です!

この式年祭の際に山から樅の木を切り出して諏訪大社に運び込み、御柱が新調されていました。

式年造営の際の御柱の新調が、現在広く知られている「御柱祭」の目的や位置づけになります!

ちなみに、現在は新築する規模を縮小し、宝殿のみを新築しています。

諏訪大社の御柱祭が何のために開催されるかを知りたい人は、ぜひ上記を参考にしてください!

諏訪大社の御柱祭はいつから始まった?起源や由来を解説

諏訪大社の御柱祭の起源は、平安時代以前まで遡ります!

諏訪大社の御祭神は「風・水・狩猟・農耕に御神徳がある」と信仰されていて、それを祈願することが御柱祭の由来と考えられています。

また書物「諏方大明神画詞」によると、坂上田村麻呂の蝦夷征討の際に、諏訪明神がそれを支援したそうです。

蝦夷征討の際の諏訪明神への感謝の意として、式年造営や御柱祭が始まったとも伝えられています!

諏訪大社の御柱祭がいつから始まったか知りたい人は、ぜひ上記を参考にしてください!

スポンサーリンク

諏訪大社の御柱祭は干支「寅年と申年」に開催される!

諏訪大社の御柱祭は、干支「寅と申」の年に開催されます!

数え年で7年に一度開催される、諏訪地域の伝統的なお祭りです。

諏訪大社の御柱祭は、7年に一度となる干支「寅年と申年」に開催されます!

御柱祭の時期には、諏訪大社付近は地元民や観光客で賑わいます!

諏訪大社の御柱祭!上社と下社の違いとは

諏訪大社には、上社と下社が存在します。

上社と下社では、御柱祭について下記の点で違いがあります!

  • 樅の木を切り出す山が異なる!
  • 上社:茅野市や辰野町の伐採地から!
  • 下社:下諏訪町の伐採地から!

もちろん伐採地以外にも、御柱を運ぶコースや見どころなどの違いがあります。

御柱祭を見に行かれるのであれば、事前に特徴や見どころをチェックしておくことがおすすめです!

スポンサーリンク

諏訪大社上社・下社の奇祭が御柱祭!魅力や見どころを紹介

諏訪大社上社・下社の奇祭として有名なのが「御柱祭」です!

ここでは、御柱祭の魅力や見どころといった特徴を紹介します。

興味がある人は、下記動画も参考にしてみてくださいね。

シェアをお願いします!

コメント欄

コメント一覧 (4件)

  • 御柱は、新しくされた後、古い御柱はどうなるのでしょうか。建材として、利用するのでしょうか、教えてください。

    • コメント頂き、ありがとうございます!
      御柱祭後の旧御柱ですが、下記のような利用方法で再利用が行われています。

      • 「諏訪大社の御守(御柱守)に使用」
      • 「観光用として観光施設等で展示」
      • 「諏訪大社と縁のある神社に寄贈」

      建材としてではなく、観光目的として活用したり、他県の神社に寄贈したりといった活用が行われています。

  • すぐに回答いただきありがとうございました。ブラタモリで見て、気になったので質問しました。今度ぜひ見に行きたいと思います。ありがとうございました。

    • 閲覧頂きまして、ありがとうございました!
      諏訪エリアには、諏訪大社以外にも魅力的な観光スポットがたくさんあります。
      上諏訪温泉や下諏訪温泉での宿泊滞在もおすすめなので、ぜひお越しください!

コメントする

seventeen + 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる