おすすめの観光情報!詳しくはコチラ→CLICK!

長野県のご当地グルメ「ローメン」とは!特徴やおすすめのお店など

目次

長野県伊那市のご当地グルメ!口コミで評判のローメン

長野県伊那市のご当地グルメとして有名なのが「ローメン」です!

太めの中華麺を使用し、野菜や羊肉といった具材がたっぷり使われていることが特徴です。

スープなしで焼きそばに近いローメンだったり、たっぷりのスープに使ってラーメンに近いローメンだったりなど、お店によって作り方が異なることもポイントです!

そんなローメンについて簡単にまとめると、下記の通りです。
(※飲食店の最新情報は店舗にご確認ください)

  • 長野県伊那市のご当地グルメ「ローメン」
  • 羊肉を使っていることが大きな特徴!
  • 使用する麺は太めの中華麺!
  • 店によって「汁の有無」が違う!
  • ローメンの発祥は萬里本店!

信州を代表するB級グルメが、長野県伊那市のローメンです!

それでは、ローメンの特徴について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

羊肉と野菜を使ったご当地グルメがローメン

ローメンとは、太めの蒸した中華麺に野菜やマトン(羊肉)を加えた料理を指します。

長野県伊那地方で食べられるご当地グルメで、今では長野県のB級グルメとして知られています!

もともとは炒肉麺(チャーローメン)と呼ばれていましたが、次第に省略されて「ローメン」と呼ばれるようになりました。

ソースカツ丼と併せて、伊那市を代表する郷土料理と言えます。

ソース焼きそばの写真
汁なし&焼きそば風のローメンあり!

ローメンの味付けや食べ方はお店によって異なる

一口にローメンと言っても、作り方や食べ方はお店によって異なります。

あるお店ではスープありでラーメンに近かったり、別のお店ではスープなしで焼きそばに近かったり、といった感じです!

基本的に、汁ありローメンは醤油ベースの味付けで、汁なしローメンはソースベースの味付けです。

ですがお店によっては、カレー味のローメンなどを提供していることもあります!

羊肉と野菜を太めの中華麺に加えて調理していることは共通ですが、その他の味付けや調理方法は飲食店ごとにバリエーション豊富です。

スープに入った焼きそばの写真
スープ仕立てのローメンもおすすめ!
スポンサーリンク

醤油&お酢などを使い、自分なりにアレンジOK

またローメンは、自分で味付けをしながら食べることが基本です!

ほとんどのローメン屋さんでは、味付けを薄めにしたローメンを提供しています。

そのまま食べても美味しいですが、醤油・塩・ゴマ油・お酢・ソースなどの調味料を加えて、自分オリジナルの味付けにすることがおすすめです!

例えば、「最初は何も加えずそのままの味を楽しみ、最後にお酢を加えてさっぱりとした味を楽しむ」のような食べ方も可能ですよ。

醤油やラー油などの調味料の写真
ローメンは調味料を使ってアレンジOK!

1994年に「ローメン委員会(現ローメンズクラブ)」が発足

長野県伊那市では、地元で愛されるローメンを普及させるため、1994年に「ローメン委員会」が設立されました!

このローメン委員会は、現在はローメンズクラブとして活動を続けています。

下記のローメンズクラブのFacebookアカウントで情報発信を行っているみたいなので、気になる人は要チェックです!

シェアをお願いします!

コメント欄

コメントする

seventeen + 15 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる